ヤクルト化粧品でエイジング!エジティックスの実力に迫る!

ヤクルトから発売されている、エジティックスという美容液をご存知でしょうか?

美容液といえばジェル状のものをイメージする人が多いかもしれませんが、エジティックスはクリーム状の美容液。

 

これがハリ弾力・小じわケアにかなりおすすめだと、巷で話題になっているようです。

「美ストーリー」という美容雑誌にも掲載されていたようです。というわけで今回は、エジティックスの実力に迫ってみます。

エジティックスってどんな商品?

まず最初に、エジティックスはどんな商品なんでしょうか?エジティックスは冒頭でもお伝えしましたが、クリーム状の美容液です。

正式名称は、エジティックス モイストリペア エッセンス。ターゲット対象年齢は30代後半から、エイジングサインが気になり始めた方々が対象です。

 

働きとしては、乾燥による小ジワを目立たなくしてくれ、うるおいのある素肌に導いてくれます。

成分としては、保湿成分のラメラ粒子にビタミンA誘導体、そしてビフィズス菌はっ酵エキスを配合しています。ドライ肌を防ぎ、しっとりとしたお肌に導いてくれるんですね。

ラメラ粒子ってなあに?

さて、ざっとエジティックスについてお話ししましたが、主成分でもあるラメラ粒子についてお話していきたいと思います。あまり聞きなれないですよね。

 

ラメラ粒子とは、健康なお肌の細胞間脂質(NMF)とよく似た構造を持ち、油相と水相のラメラ構造からできている保湿成分なんだとか。このラメラ粒子の何がすごいのかというと、やっぱりそれは細胞間脂質と同じような構造の粒子だということ。これによって、お肌にしっかり美容成分が吸収されるというわけなんです。

ラメラ粒子以外にも実力派の成分が満載!-保湿力の高さがイイ!

他にも実力派の成分がとにかく豊富に含まれているのも、このエジティックスの特徴です。例えばエジティックスには高分子のヒアルロン酸も配合されています。

 

このヒアルロン酸は、乳酸菌から作りだされた水分保持力の高いヒアルロン酸。通常のヒアルロン酸よりも、よりしっとり感を実現してくれます。

 

そして乳酸菌はっ酵エキス。これもまたヤクルトの乳酸菌研究から生まれた保湿成分です。これら二つの成分により、うるおいのあるみずみずしいお肌を作りだしてくれるんですね。

使用方法は2種類!好みやお悩みに合わせて選んで♪

最後に、エジティックスの使用方法をご紹介いたします。まず、お顔全体に使用するベーシックな方法です。化粧水や乳液の後に使用します。

 

美容液といえば化粧水の後1のイメージですが、エジティックスはクリーム状ということもあって、乳液の後に使用するんですね。ちなみに、クリームを使用する場合は、クリームの前に使いましょう。使用量は真珠粒大程度です。お顔全体にやさしくなじませましょう。

 

ほおを引き上げるようなイメージで使うのがお勧めです。そしてもう一つの使用方法は、集中ケア。この場合は一番最後に使用します。小豆大程度の使用量を、指にとって気になる部分になじませます。

 

ちなみにヤクルトさんのおすすめとしては、このベーシックなケアと集中ケアのダブル使いです。そうすることで、更に効果が実感しやすくなるようですよ♪